TOP PAGE
../ ../
../田園調布 岩田レディースクリニック
../院長岩田ドクターのご挨拶
../産科
クアトロ(AFP4TM)
../婦人科
../OC(ピル)外来
../点滴治療
FreeDNA
../皮膚科一般
../美容皮膚科
HARG
../ニキビ・ケロイド治療
../ドクターズコスメ
../注目トピックス
../提携病院一覧
../診療時間 アクセス
../予約について
../TOP

「8-OHdG(細胞内DNA酸化ダメージ度)検査」実施中

岩田レディースクリニックでは老化度を測定・病気を予防する最新の「8-OHdG(細胞内DNA酸化ダメージ度)検査」を始めました。
この検査は尿中の「8-OHdG」の量を測定し、遺伝子DNAが酸化によって損傷した量を測るという簡単なものです。(所用時間:約15分)
・「身内に癌の人が多いので自分も癌かしら?」とご心配の方を始め
・「最近なんとなく調子が悪い」・「生活習慣病かしら?」とお悩みの方から
・「最近シワやシミが増えた」・「肥満による病気では」・「老化せずいつまでの元気でいたい」という方にお薦めの検査です。

岩田レディースクリニック院長よりひと言

院長岩田美智恵 現在日本においては福島原発事故により放射性物質が漏出し、避難区域外でも放射線の測定値が高い日もあると報告されています。
この空気中に含まれるごく少ない線量でも体内に間接作用して、活性酸素を発生しDNAを傷つけ身体に悪影響を及ぼします。
また活発に分裂する細胞ほど内部被ばくの影響を受けやすく成長が著しい子供は特に影響が心配されます
慢性内部被曝を心配される方(妊娠可能な女性、成長期のお子様)は定期的に検査されることをお勧めします。
活性酸素とは?
活性酸素は呼吸による代謝物です。
適量であればエネルギーを作り出したり殺菌作用などの免疫機能を果たしてくれますが、様々な悪影響をおよぼす生活習慣によって活性酸素が過剰になると、体内の細胞や組織をさび付かせ、老化を早めたり、生活習慣病を引き起こしたりします。

抗酸化力とは?
抗酸化力とは、身体を活性酸素によってさび付くのを防ぐ力です。
食生活の中では、ビタミンC、ビタミンE、CoQ10やトマトのリコピン、お茶のカテキン、ポリフェノール、フラボノイド等、主に野菜や果物に多く含まれています。
体内の抗酸化力が不足すると、活性酸素によるさび付き反応を止めることが出来ません。

活性酸素を過剰に増やしてしまうのは?
バランスの悪い生活が要因となります。例えば下記のような生活習慣・環境です。
・タバコ
・アルコール
・精神的なストレス
・過度な疲労
・大気汚染
・排気ガス
・電磁波
・過度は運動または運動不足
・食品添加物
・不規則な生活
・偏った食生活(脂質・糖質の摂り過ぎ)
・肥満
・過度な紫外線
・放射線

「8-OHdG(細胞内DNA酸化ダメージ度)検査」で分かること

酸化ストレスとは?
体内で活性酸素が過剰に作り出され、抗酸化力がが低下している状態で、身体の「さび付き度」が過剰になっている状態です。つまり、身体の中の細胞・組織・様々な分子が酸化されてダメージを受けている状態です。
この状態は、様々な生活習慣病や老化の引き金になります。

酸化ストレス値が高い人がかかりやすい病気の一例
・老化促進
・動脈硬化
・発がん
・皮膚の変性(しみ・しわ)
・パーキンソン病
・アルツハイマー病
・糖尿病性網膜症
・白内障
・気管支ぜんそく
・虚血性不整脈
・心筋梗塞
・胃潰瘍
・大腸炎
・糖尿病
・腎不全
検査器
■検査用事前アンケート用紙はこちら >>  
ダウンロード・プリントして記入の上お持ち下さい。

採尿5ml → 15分程で診断結果が出ます。
¥6,000 ( 消費税別 )
検査結果に何らかの異常があった場合は追跡検査を行います。
TOP >> 尿中8-OHdG測定検査
 
院長挨拶 | 産科 | 婦人科 | 皮膚科一般 | 美容皮膚科 | 診療時間 | マップ | 医療トピックス | 点滴治療
OC(ピル)外来 | ニキビ・ケロイド治療 | ドクターズコスメ | 提携病院一覧 | 予約について