医療と美容トピックス
医療トピックスVol.017
防腐剤無添加、妊婦の方にも安全なインフルエンザ3価ワクチン予防接種予約受付中です。
2011.1.18
■当日予約もOK
現在、今年のインフルエンザワクチンは、昨年発生した新型にも有効な3価ワクチンの接種を受付中です。
ご希望の方は、お電話下さい。
予約は月曜日午前優先ですが、当日のご予約もクリニック直通電話 03-3722-1272 にて承っております。
■安心・安全な防腐剤無添加ワクチンを使用しています
当クリニックでは、防腐剤無添加のワクチンを使用していますので、妊婦の方にも安心して接種頂けます。
■2011シーズン前半のインフルエンザの傾向とワクチン
2010年後半からのインフルエンザ流行は、例年より早く、国立感染症研究所によるとこの10年で3番目に患者数が多いとのことです。
そのため、今年は早めに予防接種を受けることをお勧めします。
今年の傾向は、昨年流行した“新型”A/H1N1と季節性インフルエンザのA/H3N2とB型のウイルスの3種類が検出されています。
昨年は、新型と季節性の両方を接種する必要と同時期に接種出来ないこともあり、皆さまのご負担も大きかったのですが、今年は「新型インフルエンザ(A/H1N1)と季節性インフルエンザ(A/H3N2とB型)の3つに効果がある3価ワクチン」が製造されていますので、13歳以上であれば一回の接種で、新型・季節性ともに有効となっています。
但し、小学生以下で一度もインフルエンザにかかったことが無い子供に関しては、新しいウイルスに対する免疫をつけるためにも2回の接種が推奨されています。接種に関しては、1週間以上の感覚を空けて下さい。
インフルエンザワクチンの接種により、症状の重症化を抑えることが出来ます。
主な副反応は他の予防接種と同じく、接種部位の腫れや痛みです。万が一重い副反応が起きた場合は、健康被害救済制度があります。
■インフルエンザワクチン接種に際しての注意点
以下の方は接種に際しては、事前にご相談下さい。
 1. 心臓病、腎臓病、肝臓病や血液その他慢性の病気で治療を受けている方
 2. 今までにけいれんを起こしたことがある方
 3. 気管支喘息のある方
 4. インフルエンザ予防接種の成分または鶏卵、鶏肉、その他の鶏由来のものに対して、アレルギーをお持ちの方
■インフルエンザワクチン接種後の注意点
接種後30分間は、急な副反応が起こることがありますので、医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておいて下さい。
インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現します。この間の入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることの無いよう、気をつけて下さい。
接種した部位が痛みや熱をもってひどく腫れたり、じんましんが出たり、繰り返し嘔吐した場合、また顔色が悪くなったり、低血圧・高熱などの症状が現れたら時は、すぐに接種医の診察を受けて下さい。
■予診票をお持ち下さい
高齢者以外の方は、予診票の質問事項にご記入の上、来院時にお持ち下さい。
グラクソ・スミスクライン(株)提供インフルエンザ予防と対策ページは >> こちら
国立感染症研究所による流行情報ページは >> こちら
2011.1.18
TOP >> TOPICS TOP >> Vol.017